海岸漂着ゴミ調査を学校向け環境教育授業としておこなう

宮古島 海の環境ネットワークでは、宮古島の自然環境を地域の子どもたちに知ってもらうためのプログラムをご用意しており、宮古島市内の小学校・中学校へ出張してプログラムを開催いたします。
海洋調査委員会でも調査をおこなう出張授業をご用意致しました。

 

宮古島には豊かな海がありますが、たくさんのゴミであふれています。宮古島 海の環境ネットワークでは宮古島の子どもたちにゴミの現状を知ってもらい考えてもらうために、学校に出張して授業とゴミの調査を実施しています。

問い合わせはメールでお願いたします。
miyako@econet.jpn.otg (担当:海洋調査委員会)
必要時間: 90分〜 (教室での事前学習を含む)
※総合学習の時間がお勧めです
事前の準備: 学校で数点事前の準備をお願いたします。
・ゴミの調査を実施する海岸の決定
・宮古島市へボランティア清掃の申請
・軍手や飲み物等の必要物品の準備
・学校から海岸までの移動の手配
・ゴミ搬入の手配
対象人数: 100名まで

調査は国際海岸クリーンアップの分類に沿って調査をおこないます。

国際海岸クリーンアップはアメリカの環境NGO「オーシャン・コンサーバンシー」の呼びかけで、日本国内では1990年から一般社団法人JEANを中心にクリーンアップキャンペーンという名で実施されている、市民による世界的な海ごみのモニタリングです。

「宮古島 海の環境ネットワーク」主催クリーンアップキャンペーンの情報は以下のサイトに公開いされ、入手可能です。

>>海洋調査事業ページトップへ

>>学校向け環境教育授業 海岸清掃 (調査なし)
>>このページの先頭へ

宮古島 海の環境ネットワーク

〒906-0422
沖縄県宮古島市平良前里39
Mail : miyako@econet.jpn.org

MENU

宮古島 海の環境ネットワークとは